スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごった煮

(=゚ω゚)ノどもー


暫く更新サボってしまいましたが何もしてなかったわけではありません。

まず、この一週間かけて流木のアク抜きをしていました。
良い形で質のいいローズウッドが手に入ったのはいいのですが、硬く絞まった木質はアクも抜けにくく・・・・・・
アク抜き剤投入で2日×2、その後真水で2日置いたらまたアクがでたのでアク抜き剤でさらに2日。
その後、また真水に漬けて今日で二日目・・・流石にアクは抜けてきたようです。


苔取り部隊も増員して、ゴールデンヌマエビ4匹とカラーサザエ石巻貝3匹投入しました。

石巻貝の苔取り能力ははっきりいってオトシンよりも高いようで、ほとんどの種類の苔を確実に剥ぎ取ってくれます。

ゴールデンヌマエビはミナミの変異種なのでレッドチェリーとは雑交配するでしょうがキニシナイキニシナイ。
4匹買って全部オスだったりするしwwwwwwwお店で使ってたカップが透明でなくて判別できなかったんだいw


そして、植え込み予定の水草が大量に放置されています、、、、、、だって流木のアクが抜けなかったんだものw

現在こうなりました

7_17_全景
まさにごった煮

POTのものはかれこれ1週間ほどはいっています(´・ω・`)
鉛巻きの有茎類は昨日チャームさんから届いたもので、輸送中にいろんな方向にぐにゃぐにゃになっていたので沈めておきましたが、一晩で大体まっすぐになりました。
鉛は甲殻類にはよくないといいますが1~2日程度ならきっと大丈夫です(ホントか?!w)

しかし、水草のファームでは有茎類もすごい密植栽培しているようで茎がだらしなく伸びています。
バコパは完全に水上葉なこともあり(紫色の花が咲いていたw)、ある程度水中葉が出て伸びてきたら短めに差し戻して古い茎は取り除いてしまうことにしようと思います。




装備もアップグレードしてしまいました(〃 ̄ω ̄〃ゞ

まずライトを2灯から3灯に換装、ランプは一番前のみNAランプ(ADA)後ろの二つはメロウZプライドクリアデイライト(TOSHIBA)という組み合わせです。
メロウZは熱帯魚用ではないのですが非常に白い光(普通の昼光色と比べると青白く見えるほど)で透過性も良く、光量に関してはNAランプより明るいくらいです。
お値段も2本組で1000円程度と安いため一部のコアユーザーの間では人気のランプのようです。

ライト・エアー・CO2添加をタイマー制御にしました。
これは地味にお金が・・・・・・・・il||li(´ω` )il||li

見た目の改善のためにCO2拡散器をガラス製に交換予定(手元には届いてますw)
今はGEXのセット物ですが見た目がごつくてかっこ悪いのと気泡にばらつきが多いので変える事にしました。
ちなみにスピードコントローラーもレギュレーター一体のコントローラーではガタが多いのか制御ができず、ADAのコントローラーを間に挟みました。
最初からちゃんと良く考えて買わないとこういう無駄な出費が出るわけですね・・・

クーラーも導入しました。
テトラのCR-3です。
先日、帰宅した時に室温が33.5度、水温29.5度(辛うじて30度まで上がらなかったのは気休めのためのファンのおかげか!)まで上がっており、これでは夏が乗り切れんとw
某と○ちゃんは冷えないと嘆いているCR-3ですがうちでは良く冷えます。
ろ過装置も同じなので水槽自体の水量とクーラーの設置状態によるものでしょうが気をつけないと冷えすぎますw(22度まで下がっていたのであわててヒーターをw)
23度くらいでヒーターを設定して過冷却を防いだほうがよさそうです。

もしCR-3で冷えない人はクーラーの設置場所や向きを変えたり、思い切ってキャビネットの背中をぶち抜いて排熱させると冷えるようになるかもしれません。(この方法に関して当ブログではうんちゃらかんちゃら)




他にも色々考えた結果変更したものやパクリネタなどあるのですが、それはまたの機会に。


                                            ではー(=゚ω゚)ノン
スポンサーサイト

ぐりーん

(=゚ω゚)ノどもー


先日投入したレッドチェリーシュリンプが1匹☆になってしまいましたil||li(´ω` )il||li
その個体だけ熟成しきった風合いを見せており、メスなのに卵嚢にもお腹にも卵が無かったのでそう長生きはしないとは思ってましたが・・・
他の個体は元気なところを見ると、環境の変化が寿命を縮めたか・・・・エビにとっては最適といえるほどは環境が整ってなかったのかもしれません。

そして、オトシンも姿が見えない・・・・・・・☆になったにしても死体もない。



まあ、そろそろ魚を増やそうと思っていたのでオトシンも追加することにしました。


お邪魔したのはペット川田DAIKIone店(http://www.kawata-pet.co.jp/tennpo6.html)
店員の女の子が感じよかったです(〃 ̄ω ̄〃ゞ

オトシンは特に元気のいい個体を入れてもらい帰還してみると・・・・・オトシンいるじゃんwww
元気に壁舐めてました。

そのうちエサが問題になるなと思いながら水合わせして投入

7_10_グリーン投入
グリーンネオンです

15匹+おまけで合計18匹投入しましたー



水草の育成状況もまずまずでヘアグラスショートはランナーを出して増え始めました。
一旦ランナーが出始めると増えるのは早いようです。
有茎類は言うまでも無く順調、が若干エビパワーが足りない様子で少し茶ゴケが目に付きます。
キューバパールグラスは若干痛んだ葉が目につきますが新芽も根も出ているので我慢のし時といったところですかね。

ちょっと不可解なのはAN・ナナ、後ろで流木にくくりつけていた株が根グサレならぬ茎クサレを起こし、葉がボロボロ取れてしまいました(´・ω・`)
手前でモスと一緒にくくりつけた株はなんとも無いのですが・・・ちょっと原因がわからないですね。
一応綺麗に洗い流して、無事な部分だけ再度流木に着けましたが元々流木の形も悪いので後日レイアウトの最終形態に合う流木が見つかれば撤去するかもしれません。

どちらにしてももう少し草は増やしたい・・・・けど近所にほしいものがなかなか売ってない(´・ω・`)
流木も実際に見ないと難しいので色々と物色中ですw
               


                                           ではまたー (=゚ω゚)ノン

パイロットフィッシュ

(=゚ω゚)ノどもー



立ち上げ6日目にしてようやく生体を入れました! といってもパイロットフィッシュですがw

パイロットフィッシュの定番といえば赤ヒレのような丈夫な魚ですが、そこまで丈夫な魚で無いといけないほどではないだろうと思い、ちょうど手持ちもあったのでネオンテトラを2匹入れました。

7_2_パイロットフィッシュ
右下にちょろっと居るんですが・・・・見えないw


生体を入れるにあたり、やはり夏なので水温の上昇が気になるので気休め程度にファンをつけました。

テトラクールファン
テトラクールファンCF-30(テトラジャパン)
本当に気休め程度の風量ですが1℃程度は下がるようです。



さてパイロットフィッシュを入れたのはいいのですが、どうもいいように水流に流されてさまよっています・・・・・

セットした時から水流強いなあ・・と思ってはいたんですがね・・・・・


どうしたものかと思っているところに少し前につけたストレーナスポンジが目に入り・・・そう!逆転の発想デス!シャワーパイプ外してエルボーパイプに直接スポンジつけちゃえw 生物濾過も期待できて一石二鳥・・・かな?

吐出口スポンジ
つけちゃったw

これがなかなかやさしい水流でいい感じです。

いや・・・ほんとはリリイパイプでもつければいいってのはわかってるんですが・・・・・・高いし・・取り寄せになるし・・・・

その後も少し落ち着かない様子だったので自然塩を23gほど投入(濃度0.1%狙いです)したところ落ち着いたようです。

今も元気にお役目を果たしていますよ!    


                                             ではまたー (=゚ω゚)ノン

とりあえず立ち上がってます

現在立ち上げ4日目なのですが、まずはここまでの流れをかいつまんで(=゚ω゚)ノ



まずは諸元紹介

  水槽    : C60 (61×20×23(26L))
  ろ過装置  : テトラ ユーロエックスパワーフィルター60
  照明    : 20W×2灯
  CO2     : 1滴/3秒
  底床    : アマゾニア ノーマル

水槽とソイル選びに一番悩みました・・・

水槽に関しては30cmキューブ水槽とかでも良かったんですがどうもスクエアな形が好きになれなくて・・・・
まあ、今は色んな形の水槽があるもので、一昔前なら特注品だったんですが規格品になって普通に安いんですね。
この水槽なら容量も程よく、しかも通常の60cm用の用品が使いまわせる点も魅力でした。

ソイルは王道といえば王道な選択なんですが、俗に言うハズレが若干怖かったというのが正直なところで・・・・まっ黄色な水槽とかイヤですからねwww

ともあれ、器具をそろえてセットしました。



立ち上げ3時間後
6_27立ち上げ3時間後_1
こんな感じ
6_27立ち上げ3時間後_2
横から見ると若干黄色いデスネ。


ひとまずはエアレーションだけ行って水の変化を見ることにしました。




そして翌日、やはり若干黄色味が増したので、換水することに。

6_28換水時の抜き水
換水時の水、黄色っぽいのがわかるでしょうか。

6_28換水後_1
換水直後です、正面からは綺麗ですが・・・・

6_28換水後_2
横から見るとちょっと黄色い。にごりは仕方ないデスネ


換水時に濾材も一部見直しました。
黄ばみ解消を狙ってAQUTEBLACKを追加、セラミックパイプもすきまが多かったので少し足しました
2_28濾材追加
(横向きのままだったΣ(゚口゚;・・・まあいいか)

効果を期待して様子を見ます。



そして3日目
6_29_1
6_29_2

黄ばみはすっかり綺麗になりましたヽ(=´▽`=)ノ
にごりも生物ろ過が立ち上がれば落ち着くでしょう。





さて黄ばみの心配もなくなったのでパイロットプラントを入れることにしました。


といっても丈夫で成長の早い有茎類だけでなく、普通に流木に活着させた南米モスとかヘアグラスショートも一緒に差し込みました。
同時にCO2の添加装置もセットしています。


2_29パイロットプラント植え込み


右端の侘び草はあったほうが立ち上がりが早いだろうと思って置いておきました。
ちなみに有茎類は侘び草からトリミングしたものです。
とりあえず光がしっかり当たるようにバラけさせて植えましたが後日レイアウトの都合で端に寄せて群生させる予定です。
ヘアグラスショートはまだ水上葉なので背も高いしかっこ悪いデスネ。
早くランナー出して草原にならないかな~


ちなみに、植え込み時に種水も投入しておきました。
少しでも早く安定すればいいんですがね・・・(´・ω・`)





これで、何日かは巻貝に注意しながらレイアウトの構想を深めマスヨ!  (=゚ω゚)ノン
プロフィール

じろ

Author:じろ
ど田舎在住

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。